【初期投資:1200円】百均アイテムでネイルチップを作るよー!

こんにちは!管理人のこんろです。

「お金をかけずに自分好みのネイルをしたい」「実際に色々なサイトを見たけど結局、超初心者は何を買えばいいの?」という人におすすめの記事です。

名付けて「まったくの初心者」シリーズ第一弾!

今回は、人生初のネイルチップづくりに挑戦する模様をお届けします。制作はたったの3ステップです!

Let’s Challenge !!!!!!

スポンサーリンク

そもそも…

管理人は、可愛いものが結構好きです!

(でも、自分がつけるのとは別というか…「可愛くてごめんっっ」てタイプではないというか………)

と、言い訳をし続けたため、女友達にまで「いけめん~(笑)」とか言われる始末。

普通、球技大会のJKってかわいいもんじゃないの????????

そもそも「そこら辺の」男子よりいけめんって喜んでいいものなのか……

……失礼しました。喜びます。

ということで(?)、可愛くなろう!第一弾!!ですっ

まずはネイルについて知っていこう!

ネイルチップって?

ネイルチップとは、透明の爪型の素材にジェルを塗ってアートなどをした”つけ爪”のこと。

  ネイルチップとは?|ホットペッパービューティー

つけ外しができるので、学校や仕事がある人でも休日だけ使えるのがよいところ。

直接爪に塗るわけではないから、失敗が怖くないし、自分でもやりやすいみたいです。

市販のネイルチップの相場は2000円~5000円、オーダーメイドだと10000円なんてこともあるので、1200円で自分の好みの物を作れるのはとってもお得~~!

ネイルチップのQ&A

管理人が気になったことを実際に調べてみました。

どうやって爪につけるの??

専用の両面テープのようなもの!!

何日くらいつけられるの??

ネイルチップが壊れるまで半永久的につかえる!

ただ、毎日寝る前には外したほうがいいから、

毎日つけなおすのは少し手間かも…。

ジェルネイルと普通のマニキュアの違いって??

よく見かける普通のは「ポリッシュ」って言うよ~。

合成樹脂+有機溶剤だから、乾燥させて固められる。

ジェルネイルは合成樹脂+光重合開始剤で、UVをあてるまであんまり固まらないよー!

道具と材料の調達@セリア

一通り分かったところで道具の調達に向かいます!

他のサイトでもいくつか道具が紹介されていますが、ぶっちゃけ初心者はこれだけでも大丈夫だったという最低限のものを厳選して紹介します。

こんろ
こんろ

本格的にチャレンジしたい人には、プロのブログをおすすめするよー。

道具5点【総額:500円】

①ネイルチップスタンド

ネイルチップに色を塗っていくときの土台。

代用として、短くなった鉛筆の後ろを削って平らにして、貼り付けてもやりやすかったです。

②シリコンネイルアートペン

細かい模様を描くために使います。これは絶対にあったほうがいいです!

③爪やすり

「ネイルチップの形を整える」「色を定着させる」ために使います。

④両面テープ

ネイルチップスタンドにネイルチップを固定するために使います。

文房具売り場にある普通の両面テープで大丈夫です。

⑤UV-LEDライト(USBタイプ)

UVライトって百均でも300円くらいするものが多いですが、これは100円です!

そこまで強くはないですが、「細かい部分だけ崩れないうちに固めたい!」という管理人はこれで十分です。とてもお得感があるアイテムです!

材料5点【総額:700円】

①ネイルチップ

ネイルチップです。サイズもいくつかあるので、自分に合ったものを選ぶといいと思います。

②ネイルチップ用両面粘着テープ

こちらもネイルチップと同様に「爪の小さい人向け」の商品も売っています。自分のサイズに合わせて購入しましょう!

③ジェルネイル×3色

今回は桜をモチーフにしたネイルを作るので、「ラメゴールド」「アイボリー」「ライトピンク」の3色を購入しました。

ストーンなどを使ってもよかったのですが、別途ピンセット等の用意が必要になるので、初めはジェルネイルのみで仕上げるのがおすすめです!

④ベースコート

ジェルネイルが定着しやすくなるように塗ります。

⑤ノンワイプトップコート

ネイルの凸凹をなくしたり、表面を保護するために最後に塗布します。

ベースコートと兼用できるものもありますが、最後にワイプといって、余ったジェルをふき取る作業が面倒なので、「ノンワイプ」と書いてあるものがおすすめです!

何でこれは買わないの?

ここまで読んで、「あれ、これは買わなくていいの?」と疑問に思った人もいるはず。

その理由は、まったくの初心者には必要がないから!!!

管理人も実際にいろいろなサイトや本を読んでここに書いた以上の道具を購入しました。

しかし、結局使ったのは上で紹介したものだけ…もったいない…。

買ったけど必要なかったアイテム4点
  • 柄付き爪やすり→普通の爪やすりでOK
  • ネイル用UVライト→太陽光でもすぐに固まります
  • ネイル用ブラシ(スクエア)→シリコンアートペンとジェルのふたについているブラシで十分
  • ピンセット→ストーンを使わなければいりません。初心者にストーンは難しい…。

2回、3回と繰り返していくうちに必要になったら買ってみるといいと思います!

LET’S 製作!

初めての時はなんだかんだ所要時間は1時間30分くらいだったと思います。

①デザインを考える

デザインを考えます。SNSやウェブ検索をしてお気に入りの物をみつけて、アレンジするのがおすすめです!

②ネイルチップにやすりがけ

デザインが決まったら、ジェルネイルを塗布する準備をします。

自分の爪のサイズに合わせて、ネイルチップをやすりで削っていきましょう。

それが終わったら、ネイルを両面テープでスタンドに貼り付けてください。

こんろ
こんろ

長さは、手のひら側からネイルチップが2mm弱見えるくらい

がナチュラルでかわいいかも。

想像していたよりもたくさん削っちゃって大丈夫!

ジェルを定着させるために、チップの表面にもやすりをかけます。

その後、キッチンペーパーにアルコールをつけて、表面をふき取ったら、準備完了です。

③ジェルを塗る

まずはベースコートを塗ります。塗ったら、太陽光の下へ出して乾かしましょう。

続いて、ベースカラーを薄めに塗ります。

そして、太陽光の下で乾かします。自分の好みの色になるまで、2、3回「塗って乾かす」を繰り返してください。

こんろ
こんろ

管理人は「アイボリー→ライトピンク→ライトピンク」の

計3回繰り返したよ!

表面に模様を描いていきます。

ベースのカラーがしっかり乾いていることを確認したら、ネイルアートペンにジェルネイルをつけて、模様を入れていきます。

失敗してしまっても硬化させる前ならば、何度でもやり直せます!湿らせたキッチンペーパーでふき取るときれいに落とせました。

いい感じに描けたら、すぐにUVライトで軽く硬化させましょう。液状なので、すぐに崩れてきてしまいます…時間との勝負です!

こんろ
こんろ

桜の花が一つ完成したら、硬化させるようにしてたよー

全体に模様を描き終えたら、一度太陽光の下に出して乾かしましょう。

乾いたら、全体の凸凹を消すようにトップコートを塗布していきます。

塗布できたら、再び太陽光の下で乾かしてください!

完成!!!

以上で片手分が完成です!!同様に反対の分も作ります。

2つネイルチップスタンドを買えば、同時に両手分できるのですが、超初心者はデザイン通りに作るのが難しいので、片手を作ってその出来栄えを真似して反対も作るのがおすすめです。

めっちゃ簡単&クオリティ高い!

やってみて、結論としては、簡単なのにクオリティ高く見える!!ということです。

正直、超初心者なので、人前では付けられないクオリティでも、単体の写真が映えればいいかなー、なんて考えていました。

でも実際に出来上がったものを見ると、普通に人前で付けられるレベルには仕上がってる!!!

話題にもなると思うので、ぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました